2014年4月 6日 (日)

ARTSAT1:INVADER=CO-77(3)

INVADER衛星の各種機能実現手法
本日のINVADER衛星の午後パスでは、衛星から数値の読み上げをする音声がFMで聞くことができました。この数値はテレメトリデータとしてパケットで送信されている各部(パケットでは16個あります。)の電流値を、音声で読み上げたものです。詳細は多摩美大のウェブサイトのInvaderVM-テレメトリ読み上げを参照してください。
ここ数日のデジトーカによる音声送信は、あらかじめINVADER衛星に組み込まれていたプログラムではなく、VM(仮想マシン)に用意されたさまざまな機能(API)を組み合わせて実行するプログラムを地上から衛星にアップロードし、それを実行したものです。つまり、APIに用意されている範囲内という制約はありますが、衛星を打ち上げた後に地上で開発したプログラムを実行させることが可能となっています。パソコンのプログラムでも、C#やJAVAなどは用意された関数を組み合わせることで効率よく開発できますが、これと似たようなものと考えられます。
プログラムのアップロード前には、地上にあるINVADER衛星と同じ開発用の衛星でプログラムを実行させ、動作の検証をしています。
アップロード可能なプログラムは、あまり大きなものは無理ですが、当初は衛星に組み込まれていない機能を実現する方法として、注目に値するものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

ARTSAT1:INVADER=CO-77(2)

ARTSAT1:INVADERのオスカーナンバーがCO-77に決定されたようです。
おめでとうございます。
衛星から送信されるデータ形式の公開を積極的に公開したり、デジトーカによるメッセージや詩の朗読など様々な試みがされ、多くの方の興味を引いている様子です。
ARTSATのコンセプトである「みんなの衛星」に則り、送信されるデータの活用方法、特にART=芸術への応用の入口を紹介していきたいと考えています。
私自身には芸術の心得がないので、その手前の衛星からのデータを捕まえることを中心に説明し、その捕まえたデータの活用を多くの方に考えていっていただくきっかけとなれば、と思っています。
アマチュア無線になじみのない方も、衛星からの電波を受信するだけなら、アマチュア無線の免許は必要ありませんので、ぜひいろいろチャレンジしていただき、アマチュア無線の世界にも興味を広げていくきっかけとなれば、幸いです。
INVADERからのデータ送信は、CWとFMパケットの2種類ありますが、パソコンで扱いやすいこともあり、ここではFMパケットを中心とする予定です。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ARTSAT1:INVADER(1)

2月28日に打ち上げられたCubeSatのうち、自分で受信したARTSAT1:INVADERのデータを基に、衛星の温度などのグラフを作成してみました。そのうちの太陽電池パネルの温度のグラフを掲載します。ARTSATのfacebookにも説明されていたように、日照時間が短くなったために少し温度が下がっているように見えます。これからは日照時間が長くなるそうなので、温度が上がっていくようです。グラフはエクセルで作成しました。もしエクセルのファイルを使ってみたい方がいらした場合には、コメントをしていただければ、掲載するなどしたいと思います。
「SCT20140316.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

XI-IV再び(94)

あけましておめでとうございます。今年もXI-IVの追っかけを続けます。また、今年はARTSATの打ち上げもあり、こちらのお手伝いもしているので、忙しくなりそうです。XI-IV昨年最後の撮影画像を掲載します。撮影推定日時は2013年12月28日16時48分00秒(日本時間)です。

Xiiv_140102_1920_rom4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

XI-IV再び(93)

年末までに取得完了したXI-IV画像を掲載します。太陽の画像もあります。撮影推定日時は左上から2013年9月16日16時33分37秒、2013年9月29日17時09分54秒、2013年10月14日17時10分55秒、2013年11月9日16時44分31秒です。
Xiiv_130929_1725_rom1 Xiiv_131104_1655_rom1_c Xiiv_131117_1732_rom4 Xiiv_131222_0743_rom1_c

今までの画像をまとめたウェブサイトも更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

XI-IV再び(92)

XI-IVの新しい画像を追加します。撮影推定日時は、左から日本時間で2013年7月21日15時42分22秒、2013年8月15日15時41分19秒、2013年8月16日17時03分32秒です。
Xiiv_130811_0552_rom1 Xiiv_130831_1707_rom4 Xiiv_130916_0706_rom1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

FMトランシーバによるCW受信時のアダプタ

衛星、特にCubeSatを受信する際に、ほとんどのCubeSatはCWビーコンを発射しています。しかし、CW受信のモードは一部のハンディ機と固定局用のトランシーバを除くモービル機等には付いていません。
FMモードでCWを受信した場合、電波の出ていることはわかりますが、モールス符号を解読するのは、かなり困難です。
FMモードでCW受信した音を録音して調べてみたところ、スケルチをオフにしているとCW電波の発射されていない時はFM特有のクエンチングノイズが聞こえ、電波が発射されるとこのノイズが消えることがわかりました。
そこで、ノイズの有り無しを検出し、それに合わせてLEDを点滅、さらにはブザーを鳴らせばCWを解読できるのではないかと思いつき、いろいろ実験をしてみたところ、ブザーをCW電波の発射に合わせて鳴らし、モールスを解読できるアダプタが実現できました。
実験の詳細は機会を得て紹介しますが、実現できたアダプタの回路をここに掲載します。
今後の課題は、掲載したメモに記載のとおり、電源の単一化です。
20130819cwbyfmmode_3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

XI-IV再び(91)

XI-IVの新しい画像です。撮影推定日時は2013年7月14日16時28分38秒(日本時間)です。
Xiiv_130803_1640_rom4

10年分の画像をまとめたページを訪問いただいた皆様、ありがとうございます。新しい画像がある程度たまったら、順次追加していく予定です。追加のときはこのブログにその旨を掲載しますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

XI-IV再び(90)

XI-IVの新しい画像を掲載します。撮影推定日時は2013年6月23日16時48分25秒(日本時間)です。
Xiiv_130721_0752_rom1

XI-IVは打ち上げから10年が経過しましたが、まだまだ健在です。この10年間の画像一覧を次のウェブに掲載しましたので、ご覧ください。
http://ji1izr.atnifty.com/ 又は http://homepage2.nifty.com/ji1izr/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

XI-IV再び(89) 11年目に!

2か月の間が空いてしまいましたが、XI-IVの新しい画像を2つ掲載します。2013年6月30日でXI-IVは打ち上げてから丸10年が過ぎましたが、まだまだ地球の写真を撮り続けています。左の画像の撮影推定日時は2013年5月26日16時10分17秒、右は2013年6月22日17時09分46秒です。右の画像には、雲の上地球の大気が写っているように見えます。
Xiiv_130615_0641_rom4 Xiiv_130713_1715_rom4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«XI-IV再び(88)