« ARTSAT: Usage of data from satellite(3) | トップページ | XI-IV再び(99) A Happy New Year 2016 »

2015年6月21日 (日)

ARTSAT: Usage of data from satellite (4)

INVADERのデータを内蔵したATmega328Pで作成したArduinoシールドを先に紹介しましたが、このマイコンはROMが32キロバイトの容量であるため、データの月日分秒のほかはたとえば3つのジャイロデータのみしか載せることができませんでした。今回もっと多くの種類のデータも載せたいと考え、ROM容量128キロバイトのATmega1284Pを使用したシールドを作成し、月日時分秒を除いた23個のデータ項目を載せることができました。シールドは次のようなものです。
Dscn0598_2

これにより、様々なことができると思いますが、データのうち3つのジャイロデータに合せてフルカラーLEDの色が変化するプログラムを作成しました。また、搭載した全データがシリアル端子からPCへ項目名を付けて送られるようにもしてみました。
Dscn0601_2
動作状況は次の動画をご参照ください。
INVADER Shield 1284P版によるフルカラーLED点灯

|

« ARTSAT: Usage of data from satellite(3) | トップページ | XI-IV再び(99) A Happy New Year 2016 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

衛星芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151203/61775287

この記事へのトラックバック一覧です: ARTSAT: Usage of data from satellite (4):

« ARTSAT: Usage of data from satellite(3) | トップページ | XI-IV再び(99) A Happy New Year 2016 »